今年はブライダルの問い合わせが多いので、ブライダルにまつわる小話をば投稿していきたいと思います。

 

まずは私について、

 

私はブライダル撮影がカメラマンのスタートでした。ホテルの写真室に勤務し、スタジオライティングだけでなくロケーションライティングやポージングなど学びました。独立してフリーになってからは指名制の事務所に所属し、都内、国内、海外とあちこち撮影に行っていました。当時はブライダルスナップ撮影戦国時代というか、業者さんも増えました。当時はフィルムカメラでしたが、カメラもオートフォーカス機能などがより進化して、スナップに向いた機種がたくさん出てきたと思います。ブライダルプランナーさんも増え、より自由で個性ある結婚式をと考えるカップルが多くなりましたね。(かく言う私はどシンプルな神社結婚式と食事会だったという)

2007年頃くらいまででしょうか、会社員時代からこの頃まで、本当に毎週ブライダル撮影していましたね!懐かしい!フリーになってからはいろんな会場に派遣されていましたので、都内のオシャレな会場をたくさん知った時期でもあります。ホテル、レストラン、レンタルルームなどなど、結婚式の手段は無限大だ!と思いました。

海外にいたってはなんちゅう日光の直撃!ということ多々。スーツじゃなくていいのが最高でしたね。笑

いろんな挙式を撮影しましたが、「公園結婚式」や「ハーレー大集合結婚式」や「美容師さんセッション結婚式」など、いろいっろありました。自然なスタイルで明るいお客様からよく指名していただいたなあ・・・と思います。格式高いホテルの結婚式ももちろん素晴らしいですし、こういうオリジナリティ溢れてささやかな結婚式も大好きでした。

皆さん、元気かなー!

と、そのうち、広告や雑誌の撮影が増え、気づけば(笑)自分も結婚し、さらには出産を経て、打ち合わせから撮影までじっくり時間を使うブライダル撮影ができなくなってきました。ホテルのブライダルサイトやブライダル情報誌の撮影はありましたが…。

現在は、取引先の編集さんだったり以前撮影した方のご紹介であったり、年に数件の撮影を引き受けています。積極的に広告することはせず、あくまでもお知り合いのみ・・・とさせていただいています。

まあまあ40も過ぎましてね、若さMAXだった20代の頃のようなフットワークはありませんけども、ブライダル撮影の翌日は必ず休みをとる程に燃え尽きますけども、、それだけ一生懸命撮っていると思います…!若い頃になかった技術や経験もあり、今は今で、また違った楽しさを感じるようになりました。

ブライダルも前撮りが増え、技術やセンスが光りまくりのカメラマンさんも多いですね。(SNSなどでいつもチェックしている)

前撮りの場合は、ライトマン同行のもと、自然光だけでなくライティングにもこだわった撮影を行います。これは普段撮影しているモデル撮影や広告の仕事と同様に行いますので、クオリティ高い雑誌のような写真をイメージしています。

挙式~披露宴は、従来通り、私単独でまいります。ライトを立てたりはできませんので、あくまでもクリップオンストロボと自然光でのスナップ撮影になります。お支度シーンから披露宴後まで、じっくりお付き合いします。

 

と、ざっくりした私の話。

続いて、打ち合わせの件や前撮りの話など、ちょこちょこ投稿したいと思います!どうぞよろしく!


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。