以前投稿して、関係者(笑)から好評だったのが「RAW現像しますか、の巻」です。今日は、撮影の際にRAWで撮るかJpegで撮るか、について。私流のお話です。

 

RAW現像はするかと問われたら、結論、絶対します。ニュースやプレスリリースなど即納品が必要な場合はもちろん撮ってだしのjpegで納品しますし、撮ってだしでいけるようにカメラで調整したうえで撮影します。たとえばストロボの色補正とかも含め、ホワイトバランスを特に気を付けてあらかじめ準備したり設定したりしますね。これはまた改めて。

さてここで、撮ってだしのjpegって?というところから。

撮影でできあがるデータはRAWデータとjpegデータがあり、RAWはいわゆる「生」のデータで、専用ソフトで「RAW現像」なる作業を経て、オリジナルのJPEGを作ります。言ってみれば、高画質をキープしつつ自分の好きな狙いの状態のJPEGを作るための元のデータ、ですね。Jpegは圧縮されたデータですので軽いですが、RAWはかなり重たいです。

「撮ってだしのJPEG」とは、デジカメがカメラ内で作ってくれるJPEGで、メーカーであったり、カメラ機種によって、その色合いやシャープネスなどの特徴が違ってきます。JPEGからも画像調整はできますが、すでに圧縮されてできあがっているデータなので、RAW現像から作るJPEGよりも画質がおちますし、調整できること(画像編集の様々な項目)も少なくなります。

 

さて、ここから、RAWで撮るかJpegで撮るか。

プロ機種・・・じゃなくても、ですが、多数のデジカメでは「ダブルスロット」になっていて、記録メディアが2枚入るようになっています。フィルム時代は何やったんと言いたくなりますねえ、ほんと、なんて良くしてくれるんでしょうかデジカメよ。どっちかだけ撮るって選ばなくていいのか!っていう。シングルスロットの場合「RAW+jpeg」という手段もあります、これもありがたいですね。

私のキャノンのカメラはCFカードとSDカードが入りますが、仕事では、CFにRAWデータを書き込み、SDにjpegデータを書き込むことが多いです。仕事でiPadなどに撮影データをWi-Fiで飛ばして、クライアントに確認していただくことが多いのですが、RAWデータはなんせ重たいのでカメラのWi-Fiだとそんなに速く飛んでいってくれません。そんなわけでjpeg。RAWデータは重たいので、SDなりCFの記録メディアの書き込みスピードも必要になりますね。転送スピードが遅いカードを使っていて連写撮影すると「記録中」=「busy」のアラートが出て、止まっちゃったりします。ああ、ビジー、確かに、過労って感じです。

RAW現像するなら、jpegとっておくことないじゃん、という声も聞こえてきそうですが、まずは、先ほど話した「転送のためのjpeg」が必要である場合、RAWを記録したカードに万が一不具合があった場合の「バックアップのためのjpeg」であること、そのためにjpegも記録しています。CFとSDのダブルでRAWを撮影することもありますが、記録にそこそこ負担と時間がかかることから、撮影環境や案件内容によって・・・というところですね。

 

ちなみに、動画でもlog撮影というのがありまして、これもカメラのRAWみたいなもので、画像の調整できる幅が広いです。ただカメラと違うのは、データが撮ってだしとたいして変わらず、重たくないということです。logから、好きな色調にできるプリセットもありますし、トーンカーブなどカメラの基礎知識がある方ならうまく自分の好きなテイストに調整していけます。私もほぼlogで撮ってますね~

 

というわけで、私は「絶対RAW現像して高画質なjpegを作っちゃうぜ派」でした!RAW現像、深いですよ~はまると抜け出せないぬるま湯の泥沼的な素敵なワールドです。