家族撮影レポートです。もうすぐ2歳そしてもうすぐお姉ちゃんになるお嬢さんを主役にご家族の写真を撮影させていただきました。

いわゆる「イヤイヤ期」MAXのお年頃、子供の一番おもしろい時期だなと私は思っています。見えるものすべてが新鮮で興味津々、赤ちゃん時代にできなかったことができるようになって自信満々、覚えた言葉を間違っていてもフル稼働、全身全霊で生きてるな〜と感じます。この時期ならではのダイナミックな動き、小さなかわいい仕草、ほんのりマスターしている得意技とか、見ていて飽きないですね。

そんな超ご多忙な2歳児に「ちょっと止まって写真を撮ろうか」っていうのはなかなか難しい。お散歩したり遊んだりしながら、自然な表情をメインに、育児中になかなか撮影できない家族揃った写真を撮影します。爽やか、いい写真が撮れました!

こちらのご家族を撮影するのはもう3回目になります。初めて撮影したときは赤ちゃんで、昨年はようやくたっちができるようになったばかりでした。こうして無事に成長して走り回っている姿は、感慨深いです。また元気なかわいい顔を見せてくれて、嬉しい限りです。

撮影した公園には噴水があって、子供たちががっつりお水遊びをしています。わが子もお水遊びが大好きで、何か道具を使って遊ばずとも、ただ浅瀬をずんずん歩く・・・とかが好きでした。あと、階段とか、坂とか、ただひたすらずんずん・・・とか。

この噴水を見たら、絶対スイッチが入っちゃうな、と思い、先に人通りのない明るい緑の下で遊びながら撮影して、最後は噴水で好きに遊ばせよう、という作戦でした。が、一度、不意に2才ちゃんの目に噴水が飛び込んできて、やっぱり一直線!こりゃしまった!

が、一度入水するとオムツや服も髪も濡れちゃうし、ここは「忘れさせる作戦」で、緑ゾーンに退避し、パパママと力をあわせ全力で他のことで気を引く、大人の姑息な共同作戦。そこでパパさんが書いたアン〇ンマン・・・娘ちゃん「こわい」って逃げました。笑。なんて愛にあふれたアン〇ンマン・・・!Tシャツにしたいくらい!パパ、ママへの絶対的な信頼が胸にしみます。

オフショットも良いです。初めて飲む「いちごオレ」に、最初は「むむ・・・?」と慎重にテイスティングしつつ、途中からは惜しみつつグビグビ。大人は、パックをぎゅっと押しちゃう惨事と、ストローを押し込んじゃう惨事を想像して震えるんですけど。いつかこの写真を見て、そういえばこの時初めて飲んだねー、とか、些細なことが思い出されるんでしょうね。

そして撮影はひとだんらく、さあ、思いっきり遊ぶが良いぞ!ってことで解禁された噴水ゾーンにて。

アイドル級のグラビアショット。いやーもうハンパないです。楽しくて仕方ない子供の無邪気な表情、アタシ帰れない!ってくらい撮るのにはまってしまいました。小さな体をフルに使ったダイナミックな動きはちびっこならではで、その中で「ちょっとあぶない」「これは無理か」と考えながら遊んでいる様子もまたおもしろい。もちろんパパさんが近くで危なくないか滑らないかと注意して付き添ってくれていますが、思いっきり気が済むまで遊ばせてもらって、幸せですね。

そして、そんな彼女も、もうすぐお姉ちゃんになります!来月には出産予定のママさん。1年ぶりに会うママさんはますますきれいになっていて、母親の凛々しさと言いましょうか、育児中のきらきらした美しさって素敵ですね。

パパママの二人だけの写真は、プロが撮るのは結婚式依頼。スマホのカメラロールもお子さんだらけという育児中あるある・・・ささやかながら、パパママふたりのカットも撮影させていただきました。

育児まっただなかのパパママ、どこか戦友というほどの関係になりますよね。2人だけの写真もちょっと照れくさいようではありますが、照れくさいのが良いではないですか!!夫婦写真、良いものですよー

待望の第2子、とにかく出産が順調にすすみますよう願うばかりです。そして、赤ちゃんが生まれたときの「お姉ちゃん」の反応はいかに。これまたわくわく。

 

とにかく体にだけは気を付けて、4人になった家族にお会いする日を楽しみにしています。

 


ただいま感染対策の観点から、常時マスク着用にて撮影を進行させていただいております。歩きながらなどの自然なカットは、大人の方はマスク着用のままとなりますがご理解ください。

撮影する場所は、人通りがなく、かつ、光のきれいなエリアを探し、そちらで撮影するタイミングでマスクを外していただいています。ご希望の撮影スポットを提示されますケースもありますが、人通りによってはお断りすることもあります。ベストな場所ではなくても、安心してマスクを外し人目を気にしないで撮影できることを大切にしています。

 

☆出張撮影の詳細はコチラ

※10月、11月の七五三撮影は、土日休日は満席となりました。