About us

このロゴはNY在住のデザイナーさんに作っていただきました。シンボルマークは一見平面の幾何学的な模様にも見えますが、同時に上から、下から、左右からといろいろな方向から見える複数の立方体から構成されています。ひとつだけでなく複数の見え方があることで、私たちの多岐にわたる技術や、多方へ伸びていくこれからの未来を表しています。

佐々木写真事務所は、佐々木辰生と大島万由子、フォトグラファー夫婦の小さな事務所です。スチールだけでなくVR(バーチャルリアリティ)映像制作等、様々な撮影を手掛けています。写真や映像も、物を表す手段はひとつではありません。私たちは様々な形で「伝わる映像」を目指しています。お互いの得意分野と経験、技術を生かしながら各コンテンツを作っています。

これまで仕事で撮影した写真は数知れませんが、過去の作品はほとんど紹介していません。今を生きるぜということで。笑


Tatsuo Sasaki

佐々木辰生。北海道出身。高校卒業から写真一筋、商品撮影中心のスタジオ勤務の後、独立。佐々木写真事務所を設立。

環境に応じ適したライティングを選択しクライアントのイメージを捉えた撮影。特に料理、建築、商品では高級感ある洗練された写真を撮る。(←妻ながら同業者的にそう思う。笑)様々なジャンルのスチル撮影をてがけている。(実績はこちら)

2012年よりパノラマ撮影をスタート。パノラマVR、オブジェクトVR、ギガピクセルパノラマの取引実績を持つ。フィルム大判カメラ時代からの知識と技術と共に、新しい分野VRの世界も日々研究中。

またタイムラプスはストックフォトで販売中でもあり趣味。タイムラプスは長時間その場で撮影しつつ調整する根気と集中力と技術のなせる撮影、写真家の原点ともいえる美しい風景を追う。(→timelapse page)

 

Mayuko Oshima

大島万由子。福岡県出身。日本女子大家政学部卒業後、ずっと趣味だった写真の世界に突然どっぷり。ブライダル撮影からスタートし、人物撮影メインのスタジオ勤務の後、独立。大島万由子写真事務所を設立。海外撮影では、ブライダルでハワイ、グアムへ、ガイドブック撮影でベトナムへ。旅が好きで、国内だけでなく、オーストラリア、ニューカレドニア、フランス、ドイツ、スイス、イタリア、マレーシア、中国(主に奥地)なども訪れる。なのに英語が話せない。勉強中。

その場の空気を伝える雰囲気ある写真が得意で、イメージをきりとり伝えるための勘がはたらくタイプ。ビューティー、美容系の案件に多く携わり、ウエラジャパンや女性誌等でのヘアメイク撮影経験多数、母カメラマンならでは、ひよこクラブやママ向け情報アプリなどファミリー・キッズ関連の撮影も受注している。実績はこちら)

密かに管理栄養士国家資格とパンシェルジュ3級を持ち、製菓製パンが大好き。酵母を育てるパンヲタ。横浜開催パンのフェスのオフィシャルカメラマンを務めた。


佐々木写真事務所は、東京都町田市のはじっこにあります。

お気軽にお問い合わせください。